• 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

TENNISP&Sでテニスをはじめよう!

佐藤次郎の歩んだ道

佐藤次郎の歩んだ道

佐藤次郎の歩んだ道

1933年世界第3位

デビスカップ日本代表として活躍した佐藤次郎は、1931年から33年にかけて、ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカなどを歴戦し、全仏選手権、全英選手権、全豪選手権などの現在のグランドスラム大会にも出場して実績を重ねました。とくに1933年には、全仏(フレンチオープン)でベスト4、そして全英(ウィンブルドン)では前年につづくベスト4に入り、世界ランキング3位に選ばれています。しかし、惜しくも1934年に26歳の若さで世を去りました。

佐藤次郎アルバム 幼少期~1932年2月
佐藤次郎アルバム 1932年2月~1934年4月

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館