• 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

ルール

アンチ・ドーピングのルール:WADA規定

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が発効した世界ドーピング防止規程(WAD Code)が参加するすべての競技に共通する唯一の規則です。

2004年1月1日 世界アンチ・ドーピング規程発効
2009年1月1日 改訂規定発効
2015年1月1日 改訂規定発効(2015 Code)
2015 Codeには大幅な改訂が加えられており,罰則の強化や協会関係者や監督コーチなどのサポートスタッフへの罰則規定なども盛り込まれています。選手の皆さんだけでなく,選手を支えるサポートスタッフの皆さんも,その変更点きちんと理解しておいていただく必要があります。

具体的な禁止条項:WADA規定第2条

具体的な違反行為は,2015Codeの第2条に記載されています。

  1. 採取した尿や血液に禁止物質が存在すること
  2. 禁止物質・禁止方法の使用または使用を企てること
  3. ドーピング検査を拒否または避けること
  4. ドーピング・コントロールを妨害または妨害しようとすること
  5. 居場所情報関連の義務を果たさないこと
  6. 正当な理由なく禁止物質・禁止方法を持っていること
  7. 禁止物質・禁止方法を不正に取引し,入手しようとすること
  8. アスリートに対して禁止物質・禁止方法を使用または使用を企てること
  9. アンチ・ドーピング規則違反を手伝い,促し,共謀し,関与すること
  10. アンチ・ドーピング規則違反に関与していた人とスポーツの場で関係を持つこと

注意)2015 Codeでは,9.10.の2項目が追加されました。

正確な条文の閲覧は,JADA(日本アンチ・ドーピング機構)のホームページ(http://www.playtruejapan.org/)にアクセスしてください。

TOPへ前へ次へ

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館