• 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

TENNISP&Sでテニスをはじめよう!

JTA最新レポート

【慶応チャレンジャー】杉田祐一が優勝

【慶応チャレンジャー】杉田祐一が優勝

【慶応チャレンジャー】
(2月27日~3月5日・慶応義塾大日吉キャンパス蝮谷コート)

■シングルスでは第1シードの杉田祐一(三菱電機)がセットを落とすことなくベスト4に進んだ。杉田は準決勝でブレーク・モット(豪州)に初めてセットを失ったが、4-6、7-6(6)、6-2と逆転勝ちすると、決勝でも韓国の19歳、KWON Soon Wooを6-4、2-6、7-6(2)で破って優勝した。杉田はチャレンジャー大会7度目の優勝。

■主催者推薦で出場した上杉海斗(慶応義塾大)は、1回戦で前週の全日本室内選手権で優勝した内山靖崇(北日本物産)を6-4、1-6、6-3で競り勝つと、2回戦でも第6シードのルベン・ベメルマンス(ベルギー)を6-4、3-6、6-3で破る番狂わせを演じてベスト8に勝ち上がった。しかし、準々決勝で伊藤竜馬(北日本物産)に7-6(3)、2-6、6-7(2)で惜敗した。伊藤は準決勝でKWONに4-6、4-6で敗れて決勝進出を逃した。

■そのほかの日本勢では第4シードの添田豪(GODAI)は2回戦で伊藤にストレート負け、仁木拓人(三菱電機)も2回戦で敗れた。守屋宏紀(北日本物産)、志賀正人(GODAI)、綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)、福田創楽(三菱電機)は1回戦敗退。ダブルスではMarinとTomislavのDRAGANJA兄弟ペア(クロアチア)が優勝した。

※写真は全豪オープン時のもの

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館