English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
TENNISP&Sでテニスをはじめよう!

JTA最新レポート

【全仏オープン】車いすの上地結衣は2年連続3度目の優勝

【全仏オープン】車いすの上地結衣は2年連続3度目の優勝

【全仏オープン】
(5月27日~6月10日・パリ、フランス)

[車いすテニス女子シングルス決勝]
○上地結衣 2-6,6-0,6-2 ●ディーデ・デフロート(オランダ)

■上地の鮮やかな逆転劇だった。第1セットはデフロートのペース。上地は「自分のタイミングで打てていなかった。そこまで(調子は)悪くなかったが、想定していた以上にボールが跳ねてきたり、ボールに勢いがあった」と振り返る。第2セット、上地は思い切った策に出る。「届く範囲だったらしっかり打ち込んで、なおかつ、回転系ではなく、より低い弾道で、散らしていく」。ミスが増えるリスクは覚悟の上、「第1セットをあんな形で取られて、これでは埒があかない」と決断した。

■これが試合を決定づける戦術選択となった。「第2セットの入りがよかった。しっかり振り抜けた。集中力が上がっている感じがあった」という上地が試合をひっくり返した。全仏2連覇となったが、「連覇にはこだわってはいない」という。「それより、ここ何回か彼女に負けていたので、(相手の)連勝を止められてすっきりした」。1月の全豪の決勝で敗れた相手に雪辱したことを喜んだ。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館