Davis Cup by BNP PARIBAS 2017

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

デビスカップ

最新レポート

【2017/2/4】杉田、内山がエルベール、マユ組に敗れ、日本は3連敗で敗退

【2017/2/4】杉田、内山がエルベール、マユ組に敗れ、日本は3連敗で敗退

[ダブルス]
●杉田祐一/内山靖崇 3-6,4-6,4-6 ○ピエールユーグ・エルベール/ニコラ・マユ

■ダブルス世界ランキングナンバー1、2のペアを相手に、杉田、内山のペアは食らいついた。二人とも動きにキレがあり、気合いの入ったプレーを見せたが、地力の差はひっくり返せず。内山は、「悔しいです。試合前から本気で勝てると思っていたし、勝つつもりでそれまで過ごしてきた。結果として、1セットも取れなかったのは悔しい」と、気持ちを吐き出すように言った。

■ストロークは少なく早い展開で、スコア上は競り合っていた。違いがあったのは、前日のシングルスと同様の点だった。「大事なところで、相手の方が一枚上手だった」と杉田。相手ペアの、流れを左右する場面でのプレーの引き出しの多さや精度の高さを認めた。第1セット、第2セットとも、フランスペアがたった1度のブレークポイントをものにしてセットを奪ったのに対し、日本ペアはいずれのセットも4度のブレークポイントを逃した。

■フランスペアは、2015年から本格的にツアーを転戦し、昨年のウィンブルドンなどを制している。35歳と経験豊富なマユは、10歳年下のエルベールにミスが続くと、簡単にポイントを取れるパターンを出すなど、立ち直りのきっかけを巧みにつくっていた。杉田と内山が組むのは、デ杯では初めてでツアーでも2013年に組んだのが最後と、コンビネーションの成熟度にも差があった。2人がこの試合、初めてブレークに成功したのが、第3セットの2-5と追い込まれた後では遅かった。

■錦織圭の欠場が大きく影響しているのは否めないとは言え、前日のシングルスを含めて3試合とも、1セットも奪うことができずにワールドグループ1回戦敗退が決定した。植田監督は「フランスの強さ、デ杯に懸ける意気込み、こちらに入ってからの練習(に対する姿勢)と、本当に隙のないデ杯だった。だからこそ、すべてを出して取り組んできたが、及ばなかった」と話した。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

オフィシャルウェア

ellesse

関連リンク

Live Scores

テニスファン メルマガ

Tennnis ONLINE

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館