English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
TENNISP&Sでテニスをはじめよう! <

JTA最新レポート

【ウィンブルドン】車いすテニス女子ダブルスで上地結衣が5連覇達成

【ウィンブルドン】車いすテニス女子ダブルスで上地結衣が5連覇達成

【ウィンブルドン】
(7月2日~15日・ロンドン、英国)

[車いすテニス女子ダブルス決勝]
○上地結衣/ディーデ・デフロート(オランダ) 6-1,6-1 ●サビーネ・エラーブロック(ドイツ)/ルーシー・シュカー(英国)

■上地ペアが終始、攻撃的なテニスでゲームを支配した。ハードヒットや狙いすましたプレースメントで崩し、力強いウィナーで確実に仕留めた。ハードヒッターのデフロートとの連係も上々だった。「自分が相手を動かしてディーデが決めるパターンと、ディーデが速いボールを打って私が前に入って決めるパターン、両方できるのが強み」。上地は満足そうに振り返った。この種目ではホワイリーと組んで昨年まで4連覇した。ホワイリーが出産でツアーを離れたため、シングルスで世界ランク1位を争うデフロートと組んで5連覇を達成した。

■「シングルスで悔しい結果だったので、勝って終わることができてホッとしている」と上地。5連覇にも喜びが控えめなのは「ジョーダンではなかったし、シングルスの負けもある」。シングルスの準決勝敗退には納得していない。「精度高くショットを打ち、次の展開を読む」ことから上地の攻撃が始まるが、車いす操作の難しい芝では動きが制限され、「次の展開が読めるだけのボールが打てていない」。来年はシングルスでもうひとつ上の成績、すなわち決勝進出が目標になる。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階