The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2019/11/1】本玉真唯が森崎可南子を下し、初の決勝進出を決める

【2019/11/1】本玉真唯が森崎可南子を下し、初の決勝進出を決める

[女子シングルス準決勝]
○本玉真唯(島津製作所) 6-3,0-6,6-1 ●森崎可南子(橋本総業ホールディングス)

■第5シード、20歳の本玉が、ノーシードから勝ち上がってきた23歳の森崎を振り切った。アップダウンの激しい試合となった原因は「緊張」。第1セットは、先にブレークを喫して1-3となってから、ようやく硬さが取れて、5ゲームを連取。しかし、第2セットに入ると「もっと緊張して、フォアがネットの下段に行った」と勢いを失った。ゲーム数では一方的に見える第3セットも、3ゲームはデュースにもつれ、「もしかしたら、逆のスコアになっていた可能性もある」と言ったほど。ただ、デュースを繰り返す長いゲームでこそ本玉の粘り強さが発揮された。それができる理由を聞かれると「気合?」と笑った。

■強いフォアハンドが目立った森崎に比べると、本玉には一発で決めるような派手さはない。「サーブがない分、簡単にミスしないこと」と意識している。コースの打ち分け、リズムに変化をつけること、「ここを落とすと」という大事なゲームで辛抱できること。地味ながら、相手にじわじわとプレッシャーをかけ、ミスを誘う。

■3年連続出場で2回戦、ベスト8、そして決勝と着実に前進している。「(決勝進出は)超うれしいです。明日も緊張するだろうなと思うけど、今日よりひどいテニスはない。予行練習できてよかった」。決勝ならではの独特の緊張感に、どう対処するだろうか。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275