The 96th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

大正製薬 リポビタン
全日本テニス選手権96th

最新レポート

【2021/11/1】18歳の磯村志が第4シードの望月勇希を破る

【2021/11/1】18歳の磯村志が第4シードの望月勇希を破る

[男子シングルス2回戦]
○磯村志(やすいそ庭球部) 7-5,6-4 ●望月勇希(エキスパートパワーシズオカ)

■第4シード望月を倒す番狂わせを演じたのは、通信制高校に籍を置く18歳の磯村だ。19年にはジュニアデ杯代表として世界大会に出場。今季は四大大会ジュニアなどに出場し、ウィンブルドンジュニアのダブルスでは米国選手と組んで4強入りと健闘した。国内ランキングは247位だが、今大会は予選を突破して本戦初出場を果たした。立ち上がりからその磯村がペースをつかんだ。第1セットは終盤もつれたが、7-5で制した。先行を許した第2セットも逆転に成功、ストレートで殊勲の星を手にした。

■粘り強さに定評のある望月に、ラリーで打ち負けなかった。「強い選手だからといって、無理に攻め急ぐのではなく、僕もラリーをしていくプレースタイルなので、それを意識して、無理せずプレーしようと思っていた」と磯村。第1セット終盤、セットを取れると意識して「プレーが消極的になり、緊張した」のは反省点。第2セットも緊張が続き、リードを奪われたが、「0-3になったときに体が軽くなって、最初のようなプレーができるようになった」。このあたりは、海外のジュニア大会でもまれた経験が生かされたか。

■「正直、予選で負けると思っていたので、自分がここにいるのにびっくりしている」と初々しさも見せた。それでも、すぐに競技者の顔に戻り、「ここまで来たからには、優勝目指して頑張りたい」と続けたのは立派だった。

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

関連リンク

Tennnis ONLINE

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階