The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2018/10/28】第3日(10/29)の見どころ

【2018/10/28】第3日(10/29)の見どころ

■女子シングルスに続いて男子シングルスも2回戦に突入。センターコートには男女の第1シードが登場する。第1試合では女子の第1シード、清水綾乃(Club MASA)が予選から勝ち上がってきた高校3年の永田杏里(南山高女子部)と、第2試合では男子の第1シード、伊藤竜馬(北日本物産)が竹島駿朗(Team REC)と対戦する。実力差は大きいが、2回戦からの出場となるシード勢はこれが初戦だけに、トップシードといえども油断はできない。

■センターコートの第3試合では、男子で第4シードに入った19歳の清水悠太(三菱電機)が18歳の川上倫平(あきやま病院)と対戦する。1歳違いの2人は昨年、今回と同じ会場を使った全日本ジュニア(18歳以下)の準々決勝で当たり、この時は優勝した清水が6-2、6-3と快勝した。清水は今春プロ転向、ITF大会では9月に豪州の大会で今季3度目の優勝を果たすなど、着実にレベルアップしている。ただ、今年6月のITF大会で対戦した際は川上が途中棄権しているが、清水から第1セットを先取している。

■1番コートの第1試合では、18歳の田島尚輝(TEAM YONEZAWA)が第13シードの山崎純平(日清紡ホールディングス)に挑む。21歳の山崎と田島は初めての対戦。ともに粘り強いストロークが持ち味だけに、激しいラリー戦が展開されるのは間違いない。1番コートの第2試合では、この大会での引退を表明している14年大会女王の江口実沙(橋本総業ホールディングス)が初戦を戦う。2番コートの第1試合では、女子で最年少の16歳、カジュール・アンジュオヴィ(橋本総業ホールディングス)が第9シードの本玉真唯(フリー)と対戦する。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階