The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2018/10/29】第1シードの伊藤竜馬が完勝で3回戦へ

【2018/10/29】第1シードの伊藤竜馬が完勝で3回戦へ

[男子シングルス2回戦]
〇伊藤竜馬(北日本物産)[1] 6-1、6-0 ●竹島駿朗(Team REC)

■「初戦は緊張すると思ったので、入念にアップをして入った。相手に関係なく、今練習していることを出せた」。第1シードの伊藤がわずか53分で2回戦を勝ち上がった。「足を動かして、回り込みフォアの回数を増やし、攻撃的なプレーをしていこうと心がけているが、それが出せた」と伊藤が話した。

■30歳になった伊藤は「以前はどんなところからもエースを狙っていたような感じがあった」という。それが最近、「かっちりし過ぎている感じがある。粘り強くなって、しっかりラリーを出来るようになっているが、(どこからでもエースを狙う)自分の持ち味が消えてしまった」。だから、ここ1か月は「躍動感を出していきたい。以前の良かったときはもっとフォアに回り込んでいたのかなと思い出して、ミスしてもいいから自分の持ち味を相手に見せつけよう」とやっている。

■この大会の目標はもちろん5年ぶりの優勝になる。「まず優勝したいが、その中でしっかり自分のプレーを向上させたいというのもテーマにしている」と伊藤は言う。「試合とともに練習やトレーニングもバランスよくやって、最後まで勝っていきたい」。2度目の優勝の先に、新たなプレースタイルを見据えている。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階