The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2018/10/30】澤柳璃子が第2シードの小堀桃子に逆転勝ち

【2018/10/30】澤柳璃子が第2シードの小堀桃子に逆転勝ち

[女子シングルス3回戦]
〇澤柳璃子(リンクス・エステート)[15] 4-6、6-3、7-6(1) ●小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[2]

■最終セットのタイブレーク。6-1で迎えたマッチポイントで、小堀のバックがベースラインを越えると、澤柳が両手を突き出し、「アーッ」という雄たけびを上げた。最終セットだけで82分、試合時間3時間4分というロングマッチ。粘り勝った澤柳は「最後は気合で持ってきた感じですね」と振り返った。

■硬さが抜けなかった第1セットは2-5まで離されたが、少しずつ本来のプレーを取り戻した。フラット系の低い弾道の小堀のショットに対して、フォア、バックともスライスを混ぜて緩急をつけた。相手を振った時にはネットにも出てボレーを決めた。自分のサービスでは、9度デュースを繰り返す長いサービスゲームもあったが、「長いとは感じなかった。相手より1球多く返すことしか考えていなかった」という。

■今年5月から高校テニス部でコーチを務め、選手たちの刺激になればと出場した大会。以前とは違う心持ちで臨んでいる。「結果は考えていない。1試合、1試合を楽しんで、自分のテニスをコート上で表現できるようプレーしている」。だから、「小堀さんには8月の大会で負けていたので、挑戦者の気持ちでプレーした。小堀さんとの勝負を楽しんでました」という言葉が出てきた。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階