The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2018/10/31】田沼諒太は斉藤貴史に勝ってベスト8進出

【2018/10/31】田沼諒太は斉藤貴史に勝ってベスト8進出

[男子シングルス3回戦]
○田沼諒太(ワールド航空サービス) 7-6(3),6-2 ●斉藤貴史(橋本総業ホールディングス)

■二人は相生学院高校の同窓生、斉藤が一つ先輩だ。「背中を見て頑張って練習に取り組んでいた」と田沼。14歳以下のワールドジュニア、16歳以下のジュニアデビスカップの日本代表をつとめた斉藤は、田沼の目標だった。プロになった二人は昨年、フューチャーズで初対戦、田沼が最終セットのタイブレークを制して勝った。田沼は今年、幼い頃にテニスを始めた楠テニスクラブに拠点を移し、手出しのボールで基本練習を繰り返した。その練習で「ベースラインの中に入ってどんどん打っていくテニス」を身につけたという。マレーシアのフューチャーズでプロ初優勝を果たし、最新の世界ランキングは546位、斉藤の580位をわずかに上回る。

■田沼は「楽しみにしていた」先輩との対戦を満喫していた。斉藤は持ち前の粘りを見せたが、田沼は思い切りのいいグラウンドストロークで相手を押し込んだ。斉藤が1球打つたびに声を出して気合いを入れれば、田沼は静かにゲームを進め、節目のポイントでは突然、雄叫びを上げた。

■分岐点は第1セットのタイブレークだった。「積極的に行って、ミスをしたとしても自分で終わらせることができるように、自分から攻めていくようにした」。アグレッシブなテニスで流れを引き寄せた田沼は、最後まで主導権を手放さなかった。「終始、自分から攻める思い切りのいいテニスが貫き通せた」と田沼。尊敬していた先輩からの「自信になる」1勝だった。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階