The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2018/10/31】第4シードの清水悠太が快勝で3回戦突破

【2018/10/31】第4シードの清水悠太が快勝で3回戦突破

[男子シングルス3回戦]
○清水悠太(三菱電機) 6-3,6-2 ●山崎純平(日清紡ホールディングス)

■「相手を自分の思うように動かせた。自分から攻めることができた」という清水が快勝した。昨年、全米オープン・ジュニアのダブルスで準優勝、大阪市長杯世界スーパージュニアでシングルスを制したが、四大大会ジュニアのシングルスで思うような成績が出ず、「これじゃダメなのかな」とプレースタイルを見直した。この4月にプロ転向、勝っていくために「パワー勝負は無理。タイミングや緩急、前に出てボレーで決めるプレーだったり、色んなことができるようになっていかなくては」と決めた。

■2歳年長の山崎に、そのプレーをぶつけた。もともとチャンスメークがうまかったが、展開を数段早くして、積極的にウィナーをねらった。リスクのあるプレーがミスにつながる場面もあったが、「攻めている証拠」とぶれなかった。試合が進むにつれて精度が上がり、劣勢の山崎は打つ手がなくなっていった。

■最新の世界ランキングは360位。「ランキングだけではなく、実力も少しずつついてきていると思うので、それなりに手応えも感じている」と清水。全日本選手権のタイトルは、「できれば今年、来年で取りたい」。19歳の口から、頼もしい言葉が聞かれた。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階