The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2018/11/3】第2シードの徳田廉大は上杉海斗を破り初の決勝進出

【2018/11/3】第2シードの徳田廉大は上杉海斗を破り初の決勝進出

[男子シングルス準決勝]
〇徳田廉大(フリー)[2] 7-6(3)、6-4 ●上杉海斗(江崎グリコ)[7]

■ペースを落とした打ち合いに持ち込んで、粘って相手のミスを引き出す――。徳田が狙い通りの展開で、初めての決勝進出を果たした。いつもは速い展開でどんどん攻めてくる上杉が、立ち上がりはじっくり打ち合ってきた。最初のポイントでラリー11本が続く意外なスタートで、いきなりブレークされたが、「冷静にやるべきことを再確認した」と徳田。第2ゲームでそれまで以上に足を動かして、左右に振ってくる上杉のショットを返し、じれた相手のミスを引き出してブレークバックした。

■試合が進むにつれて、ラリー戦でなかなかポイントの取れない上杉が、ウイナー狙いのショットを多用するようになった。速い展開でネットにも挑んできた。「僕が攻められて動いて返球して、向こうが決めるかミスするか。それとたまたま入る(僕の)パスで決まるか」と徳田が話す過去3連勝のパターンだった。徳田は「たまたま入る」と謙遜したが、ネットに出てきた上杉を面白いようにパスで抜いた。相手バックにはキックサーブやスピンを効かせたショットを打ち込んで、高い打点で打たせて上杉のミスを誘った。

■第1セットのタイブレークは、3-2から続けてネットに出てきた上杉をきれいなパスで抜いた。最後は焦れた上杉の強引なフォアの連続ミスを引き出して奪った。第2セットは第3ゲームでブレークを果たすと、その後はサービスキープに集中して、危なげなくリードを守り切った。

■同じクラブで練習する同学年のライバル、高橋悠介(三菱電機)が、昨年の大会で優勝した。徳田は「優勝が目標」と公言して臨んだが、「全日本の独特な雰囲気に持っていかれて、初戦ではおかしくなるくらい緊張した」。それが、試合を重ねるほどに硬さが抜けてきた。この日は「硬さが無くて、4試合をやって、一番リラックスして臨めた」試合だった。「やっと決勝戦に来られた。厳しい戦いになるのは間違いないが、今できる100%を出せば結果につながると思う」。徳田が気持ちを新たにして、最後の試合に挑む。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275