The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2018/11/3】最終日(11月4日)の見どころ

【2018/11/3】最終日(11月4日)の見どころ

■第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)と第2シードの徳田廉大(フリー)による男子シングルス決勝は、午前11時の開始予定。5度目の決勝となる30歳の伊藤は、「徳田君は若いので、勢いで戦ってくると思う」と警戒する。一方、初めて決勝を戦う20歳の徳田は、「伊藤さんは外国人選手みたいにパワーがあるので、一方的に押されると思う」と話すが、「緩急をつけて、相手に一本でも多く打たせてミスさせたい」と、持ち味が発揮できる長いラリー戦に持ち込むことを狙っている。2人は初めての対戦となるが、今年は同じチャレンジャー大会を回り、一緒に練習する機会が多かったので、互いに手の内は分かっている。第1シードと第2シードの決勝対決は3年ぶり。

■シード勢が総崩れした女子ダブルス、内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)/林恵理奈(福井県スポーツ協会)組と寺見かりん(テニスユニバース)/首藤みなみ(スポーツクリエイト)組によるノーシード対決となった。内島/林組は今夏のアジア大会代表ペア。男子ダブルス決勝では、第1シードの仁木拓人(三菱電機)/今井慎太郎(イカイ)組に、ともに19歳という第4シードの清水悠太(三菱電機)/羽澤慎治(慶応義塾大)組が挑む。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275