The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2019/10/30】清水悠太が市川泰誠を下して8強入り

【2019/10/30】清水悠太が市川泰誠を下して8強入り

[男子シングルス3回戦]
○清水悠太(三菱電機) 7-6(3)、6-2 ●市川泰誠(ノア・インドアステージ)

■99年生まれの清水と2000年生まれの市川は、兵庫・西宮甲英高の先輩・後輩。「高校では一緒に練習していた一つ下なので、やりにくいところはあった」と清水は言う。「(市川が)思ったよりいいプレーで、戸惑った場面もあった」という第1セットは、タイブレークで3-3から4ポイントを連取した。緊張から硬さがあったので、「力を抜いて」プレーしたという第2セットは、持ち味を取り戻して、フラット、スピン、スライスと多彩なショットで相手を惑わせ、甘い球は角度をつけてウイナーを奪った。

■今季序盤は思うような成績を残せなかった。「考え過ぎて、何かをしようとし過ぎた部分があった」。だから、自分のプレーの原点に帰って、「相手より1球多く返すプレー」を続けた。そうすると気持ちに余裕が出てきて、「そこから考えて、自分から攻めるプレーができている」。それが白星につながっている。6月以降はITFで4回決勝に進み、3勝を稼いだ。全日本の前週には、中国のチャレンジャーでベスト8に進出した。「まあまあいい感じ」で4回目の全日本に臨んでいる。

■ただ、全日本は独特の雰囲気がある。「チャレンジャーでは気楽にプレーできたのに、こっち(全日本)は気楽にやろうと思っても硬くなる」。周りからは「優勝を狙ってプレーしろ」と声をかけられるが、「優勝を意識すると、もっと硬くなるので、意識しないようにしている」と清水は話す。昨年は男子シングルスと男子ダブルス、混合ダブルスに出場して、混合ダブルスを制した。今年も3種目に出場している。「3種目出ているので、どれか取れればいい」という清水流のプレッシャー対策のようだ。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275