The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2019/10/31】本玉真唯が内藤祐希を破って初のベスト4進出

【2019/10/31】本玉真唯が内藤祐希を破って初のベスト4進出

[女子シングルス準々決勝]
○本玉真唯(島津製作所) 6-3、3-6、6-3 ●内藤祐希(亀田製菓)

■99年8月生まれの本玉と2001年2月生まれの内藤は、15年大阪市長杯世界スーパージュニアで決勝を戦った、ジュニア時代からのライバル同士だ。プロになってからは内藤が世界ランクを187位と急上昇させ、本玉は378位と水をあけられた格好だ。ただ、今年のITF大会で1度対戦した時も、スーパージュニア決勝に続いて本玉が連勝していて、本玉は内藤との相性がいい。

■これまでの対戦で「相手は私の鋭い球が苦手なのかな」と感じている本玉は、この日も高い打点からフラットな強打を打ち込んだ。これで内藤からループボールを引き出して、ラリーの主導権を握った。強化してきたサーブはコースを散らして、内藤のリターンミスを誘った。

■最終セットは3-4でニューボールに変わったのをチャンスととらえて、内藤のサービスゲームで思い切りのいい強打を打ち込んだ。「相手が緊張していたのもあって、自分が押し込めた」と、最後は相手のダブルフォールトで貴重なブレークをもぎ取ると、最後まで強打を打ち込んで逃げ切った。

■3回目の全日本出場。昨年は第9シードで準々決勝敗退だった。今回は優勝と意気込んで入ったが、初戦の2回戦は緊張から自分のテニスができずに苦戦した。「自分のテニスをして、その結果、優勝がついてくればいい」と考え方を変えて臨んだ3回戦は、納得にいくプレーで接戦をものにした。この日も「勝ち負けを意識し過ぎないで、自分に出来ることを考えてプレーした」。それが初の準決勝進出につながった。「考えを変えただけで、自分が変わりました」。本玉はこれまでにない手応えを感じている。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275