The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2019/11/1】大学生の望月勇希が高橋悠介を破ってベスト4入り

【2019/11/1】大学生の望月勇希が高橋悠介を破ってベスト4入り

[男子シングルス準々決勝]
〇望月勇希(中大)6-4、1-6、6-2 ●高橋悠介(三菱電機)

■第5シードの高橋を破ってベスト4に勝ち上がった望月だが、試合後の記者会見では「内容的には良くなかった。この舞台で勝てたのは良かったし、自信にもなるけど・・・」と歯切れが悪かった。「(今日のプレーは)内容がないというか、持ち味のフォアで攻められないで、打たれっ放しの展開だった」と反省の弁が続いた。

■競り合いになった第1セットは高橋のミスに助けられて先取した。少し集中力が切れた第2セットは簡単に奪われたが、「あっさり第2セットを取られたので、逆に最終セットは集中してできた」。最終セットは先手を取って流れを引き寄せると、セット後半は何度もネットに出るなど攻撃的なプレーで相手を揺さぶって勝利を手繰り寄せた。

■なかなか調子が上がらず本来の強打で攻めることができなかった望月は、高橋の状態を探って、どうプレーするか考えたという。「相手はフォアの逆クロスがよかったので、そこを待っていて、相手に逆クロスを打たせたり、それまであまり打たせなかったところに突然、ボールを出して打たせたりした」。望月は守りの中から高橋を崩しにかかっていた。高橋はラリーで主導権を握り攻め立てたが、大事な場面でミスが目立ったのは、望月の頭脳的なプレーが功を奏した部分も大きかった。

■全日本で「自分の力を発揮してアピールしたい」と話していた望月。「いいプレーをしてベスト4ならアピールになるが、今日の試合では見てくれた人がどう受け取ったか」と、準々決勝の自己評価は合格点に届かなかった。ベスト4に進んだ中でただ一人のノーシード、それも予選からの出場でほかの3人より3試合を多く戦って疲れもある望月だが、「アピールできたと納得できるのは優勝」と気持ちを切り替えていた。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275