The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2019/11/1】第3シードの清水悠太が山崎純平との接戦を制して4強入り

【2019/11/1】第3シードの清水悠太が山崎純平との接戦を制して4強入り

[男子シングルス準々決勝]
○清水悠太(三菱電機) 7-5,4-6,7-5 ●山崎純平(日清紡ホールディングス)

■20歳の第3シードに22歳の第7シードが挑んだ準々決勝は、若い清水が勝利をつかんだ。2時間37分の戦いに両者、力を出し尽くした。清水のストロークの展開力に、山崎は走力とカウンターで対抗、ロングラリーの多い試合になった。終盤、山崎は脚に異変を起こし動きが鈍ったが、最後まで強打を続けた。最終セット3-5の窮地から4ゲームを連取した清水は、感極まったのか、涙でコートをあとにした。

■清水の調子がなかなか上向かなかった。ウィニングショットのミス、展開を作る過程でのミスなど、安定したストロークの持ち主には珍しくエラーが目立った。「打っても打っても返ってくる。力が入って狙いすぎたり、攻め急いだりして少し焦った」という。それでもゲームを取っていくのが試合巧者だ。第1セットは終盤にブレークバックを許す嫌な流れだったが、7-5で逃げ切った。第3セットは3-5と追い詰められたが、よく粘り、最後は足が動かなくなった相手を冷静に仕留めた。

■「最後の方までリードされていて、終わったかなと思ったが、気力を振り絞って何とかもぎ取った。最後はほんとに気迫だけだった」。本来の出来ではなかったが、プロ2年目の清水は試合を投げず、初の4強入りを決めた。準決勝では山崎と同じ1997年生まれの島袋将(早稲田大)と当たる。「大学のナンバーワン・プレーヤー。胸を借りるつもりで頑張りたい」。この日は男子ダブルス、混合ダブルスと合わせて3試合をこなす強行日程だったが、若さと気力でシングルス初栄冠を目指す。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275