The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2019/11/1】秋田史帆が加治遥に競り勝ち、2年ぶりの決勝進出

【2019/11/1】秋田史帆が加治遥に競り勝ち、2年ぶりの決勝進出

[女子シングルス準決勝]
○秋田史帆(橋本総業ホールディングス) 7-6(7),6-7(5),6-4 ●加治遥(島津製作所)

■両選手が極めて高い集中力で3時間15分を戦い抜いた。ともにサービスゲームでブレークのピンチを逃れる展開が多く、ショーコート1は終始、緊張感に包まれた。第1セットは両者2度ずつサービスゲームを落としたが、第2セット以降のブレークは両者あわせて一度だけ。結果的に、秋田が成功させたそのブレークが分岐点になった。

■最終セット、先にチャンスを握ったのは加治だった。両者ともキープを続け、迎えた第6ゲーム、サービスゲームの秋田は0-40のピンチを迎える。しかし、デュースに追いつき、結局、このゲームだけで5度あったブレークポイントをしのいだ。直後のゲームでブレークに成功した秋田が接戦を抜け出し、マラソンマッチを制した。

■秋田は0-40のスコアは記憶にないと言う。「2-4になったらやばいというところまで考えがいっていなかった。1ポイントずつ集中することしか考えていなかったし、それがよかった」。気持ちで引かないこと、入れにいかずに振り切る、頭にあるのはそれだけ、スコアは頭になかった。その集中力、1ポイントに懸ける必死さが、わずかに相手を上回った。

■「相手の加治選手のプレーが素晴らしく、一瞬でも気持ちが引いたら食われてしまう展開だった」と秋田。77分かかって決着した第1セットはどちらかといえば乱戦模様だったが、両者とも次第にプレーの精度を上げ、第2、第3セットは準決勝にふさわしい、レベルの高い熱戦になった。どちらに転ぶか最後まで分からない接戦を制した秋田は「今日できることは全部やり尽くした」と胸を張った。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275