The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2019/11/2】清水悠太は島袋将を逆転で下して決勝進出

【2019/11/2】清水悠太は島袋将を逆転で下して決勝進出

[男子シングルス準決勝]
○清水悠太(三菱電機) 2-6,6-3,6-4 ●島袋将(早稲田大)

■第1セットを落とした清水は、第2セットも冒頭のサービスゲームでブレークを許す。島袋のキープで0-2。前日、単複、混合複と3試合をこなした清水は動きに切れがなく、精彩のないプレーを続けていた。「相手にいいようにやられていた。今日はこのまま終わるかも」。本人も一度は完敗を覚悟したという。しかし、流れに逆らう気力は失っていなかった。

■第3ゲーム以降、眠っていた獅子が目を覚ましたように清水が躍動した。見るからに重そうなトップスピンを相手のバックハンドに送り、チャンスボールをサイドライン際の厳しいコースにたたき込んだ。積極性もショットの厳しさも、第1セットとは別人のようだった。5ゲーム連取で形勢を逆転させた清水が第2セットを奪い、第3セットも中盤の競り合いを制して決勝進出を決めた。

■会心のギアチェンジを清水が振り返る。「とりあえず体を動かそうと思ってやっていたら、体が動いてきた。徐々にテンションも上がってきて、自分の良いプレーを引き出すことができた」。第1セットの低空飛行は、疲れによるものというより、主に緊張からくるものと自己分析した。「緊張で体が動いていなくて、緊張でそれに気づいていなかったのかも」。

■無欲で臨んだつもりでも、準決勝の舞台に立てば、知らず知らず、体が硬くなる、それが全日本選手権の難しさだ。「そこら中、筋肉痛です」と言うように、実際、疲れもたまっている。安定したストロークを持つ野口莉央(明治安田生命)との決勝は「体力的にしんどい試合になる」と覚悟している。相手だけでなく、緊張や疲れのたまった自身の体とも闘わなくてはならない。20歳の第3シードの底力が試される。

■第2セット序盤までリードしながら逆転を許した島袋
「第1セットは清水選手の動きも硬く、いつも以上にミスが多い印象だった。僕はプレッシャーを感じることもなく、攻めの姿勢を崩さずにプレーできた。第2セットの入りも良かったが、ブレークバックされた2-2から清水選手のミスが減り、自分はミスをしない相手に対して焦りの気持ちが出てきてしまった。このまま終わる選手じゃないと思って心の準備はできていたが、過剰に反応してしまい、自分にプレッシャーをかけてしまった」

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275