The 96th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

大正製薬 リポビタン
全日本テニス選手権96th

最新レポート

【2021/10/31】ベテランの松井俊英は鈴木昂に敗れる

【2021/10/31】ベテランの松井俊英は鈴木昂に敗れる

[男子シングルス1回戦]
○鈴木昂(エキスパートパワーシズオカ) 6-2,6-7(10),ret. ●松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)

■「なかなか気持ちが入ってこないというか、久々というのもあったのか自分のリズムがイマイチよくなかった」。まさに試合勘を失っているという言葉が当てはまる、序盤の松井のプレーだった。コロナ禍で、昨年1月に豪州のチャレンジャーに出たのを最後に、シングルスでは21カ月もツアー公式戦から遠ざかっている。第1セット第6ゲーム、エアポケットに入ったようにサービスゲームを落とし、そのままセットを失った。

■だが、43歳の超ベテランはネジを巻き直した。「このまま簡単にいったら面白くない。(ライブ配信で)見ているかたもいるし、少し頑張ってみるか」。松井はネットプレー、鈴木はグラウンドストロークと好対照のスタイルが火花を散らし、第2セットは互角の展開になった。タイブレークで相手のマッチポイントを4度しのぐ粘りを見せた松井が、このセットをもぎ取る。しかし、これが今日できる精一杯のプレーだった。このセットの終了時に左足首の治療を受け、結局、棄権を申し出た。「びびってやめたというか、大事をとって」と松井は軽傷をアピール、エントリーしているダブルスには出場するつもりだという。

■1年1年が勝負のベテランにとって、昨年からのコロナ禍の影響は大きかった。万が一にでも感染すれば、一緒に暮らす家族も心配だ。海外遠征は控えていたが、ランキングが落ちるのを見ているだけでは「(競技人生が)強制終了になってしまう」と、この秋、欧州に遠征した。出場できたのはダブルスだけだったが、チャンスがある限りシングルスにも出場していくつもりだ。「もうちょい頑張れるんじゃないですかね。今日もまあまあよかったんじゃないですか? 自分で言うのもなんですけど」。少し斜に構えた“松井節”に込めたのは、現役世界最年長ATPランカー(983位)の意地だろう。

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

関連リンク

Tennnis ONLINE

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階