The 96th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

大正製薬 リポビタン
全日本テニス選手権96th

最新レポート

【2021/11/2】第2シードの大前綾希子は重田夢亜との接戦に勝利

【2021/11/2】第2シードの大前綾希子は重田夢亜との接戦に勝利

[女子シングルス2回戦]
○大前綾希子(島津製作所) 6-0,5-7,6-3 ●重田夢亜(フリー)

■6-0の立ち上がりから一転、第2セットは接戦になった。大前の強打を重田がよく走って拾う。そのうちに、こらえきれなくなった大前がショットをミス、そんな場面が続いた。「センターコートは球足が遅いこともあって、いつも決まっているショットが1本多く返ってくる展開が多くなった。ちょっと焦ってしまった」と大前。粘り強さを見せた重田がセットを奪い返した。

■「第2セットは元気がなかった。ファイナルセットは気持ちを切り替え、元気出すところは出して、自分らしさをもう少し出していこう」。トイレットブレークをとった大前が集中力を取り戻す。ミスは増えていたが、「そこをやめてしまうと自分のテニスではなくなってしまう」と、強打で攻めるプレーを変えなかった。相手に負けないくらい走って拾い、思い切りよく打っていく。大前に序盤の勢いが戻ってきた。フルセットの熱戦を制したのは、最後に本来の姿を取り戻した大前だった。

■ドロー表のボトムハーフ(下半分)には、16年大会の女王で第2シードの大前に加え、15年優勝の桑田寛子(島津製作所=第8シード)、17年優勝の今西美晴(EMシステムズ=第12シード)と、大会の優勝経験者の名前が並ぶ。やや苦しい試合だったが、攻撃的なプレーを貫けたことは、厳しい生き残りレースに向けて好材料だ。

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

関連リンク

Tennnis ONLINE

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階