The 96th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

大正製薬 リポビタン
全日本テニス選手権96th

最新レポート

【2021/11/3】第3シードの今井慎太郎が逆転で8強進出

【2021/11/3】第3シードの今井慎太郎が逆転で8強進出

【男子シングルス3回戦】
〇今井慎太郎(イカイ) 4-6、6-2、6-4 ●斉藤貴史(橋本総業ホールディングス)

■第1セットは持ち味のネットプレーが影を潜め、4-5からのサービスゲームではダブルフォールト2本やフォアのミスなど自滅するような形で第3シードの今井がセットを失った。しかし、ここでトイレットブレークを取り、「相手にどんなプレーをやられても、自分のプレーを貫こう」と気持ちを切り替えた。第2セットからは強力なサーブが決まり始め、ラリーでも得意のフォアで展開して主導権を握った。別人のようなプレーでの逆転劇だった。

■「1試合目(2回戦)は自分の良さが出て終わったのに、今日は自分の納得いくプレーができなかった。これが全日本の怖さ」。今井は「独特の緊張感がある中で思い通りのプレーをするのは難しい。自分の思ったプレーが出来なくても、その中で出来るプレーを心掛けて、最後まで気持ちを崩さず出来たことが勝利につながった」と苦戦した3回戦を振り返った。

■男子ダブルスでは18~19年と連覇(20年はダブルスが開催されず)する今井だが、シングルスの方は今一つ。過去10回の出場で、ベスト8以上は前々回のベスト8と前回のベスト4の2回だけ。「シングルスは毎年いい状態で入れなくて、良くなってきてはいるが、自分のパフォーマンスを出せていない」と自覚している。

■今回は直前の欧州遠征で、ITF大会で2年ぶりの優勝を果たし、好調を持続して全日本に臨んでいる。だからこそこの試合で全日本の難しさを痛感した。「いい形で入ってもこうなってしまう。ただ、経験を積んで結果は出せてきている。自分のプレーをしっかり貫くことが目標になる。自分のプレーがしっかりできれば、優勝につながると信じている」。自らに言い聞かせるように今井が今大会の目標を語った。

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

関連リンク

Tennnis ONLINE

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階