The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

【2017/10/24】美濃越舞が16歳の内島萌夏の勢いを止める

【2017/10/24】美濃越舞が16歳の内島萌夏の勢いを止める

[女子シングルス2回戦]
○美濃越舞(YCA) 1-6,7-5,6-1 ●内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)

■第1セットは初戦を突破して勢いのある内島が打ちまくった。ぐいぐいとコートの中に入り、攻撃的なグラウンドストロークを続けた。受け身に回った美濃越だったが、第2セットは弾道の高いボールやスライスを多用し、ラリーをコントロールする。ブレークの相次ぐゲーム展開だったが、内島には徐々にミスが増え、余裕のなさが目立ってきた。第2セットを競り勝った美濃越が最終セットも主導権を離さず、逆転勝ちを収めた。

■序盤は押される一方だったが、美濃越に焦りはなかったという。「第2セットどうしようかな」と早めに頭を切り換え、嵐が過ぎるのを待った。その第2セットは「タイミングとペースを変えたことで、相手のミスも増え、自分のペースに引き込めた」。今季、シングルスでITFサーキット初優勝を飾った美濃越が経験の差を見せ、16歳の勢いを止めた。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
https://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階