The 94th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権94th

最新レポート

大会第7日(10/28)の見どころ

大会第7日(10/28)の見どころ

■女子シングルス決勝は第1シードの今西美晴(島津製作所)と第6シードの秋田史帆(北島水産)の顔合わせとなった。ともに初優勝を懸けての戦いだ。過去2回準優勝の今西は昨年に続く決勝進出、秋田は初の決勝となる。決勝に向け、「最初から最後まで自分のプレーをぶれずにやり続けることが目標」と今西。秋田は「自分のやるべきことにいかに集中できるか。決勝の空気感を楽しめたらいい」と話した。

■自分のプレー、自分のやるべきこと、と両者が似たような言葉を口にした。両者が持ち味を出した準決勝のプレーが、そのヒントになる。今西は田中優季(安藤証券)の積極的なプレーに受け身に回る場面も多かったが、第1セットは甘いボールを逃さず、前に入って展開した。秋田はフットワークが万全ではなかったが、「来たボールにしっかり対応しよう」と冷静に試合を進めた。パワーに頼らず、うまく球種を交ぜ、「やるべきことを最後までやりきれた」と胸を張った。

■初優勝を懸けての決勝、疲労の蓄積もあり、あるいは100点満点のプレーは難しいかもしれない。だからこそ、両者は「やるべきこと」に集中しようとするのだ。どちらがそれをまっとうできるか。対戦成績は秋田の1勝0敗。2009年の全日本選手権2回戦で対戦し、秋田がストレートで勝っている。

■男子シングルスは準決勝を行う。第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)を破った第5シードの江原弘泰(日清紡ホールディングス)は、小学生の頃からのライバル、第3シードの関口周一(Team REC)と対戦する。対戦成績は関口の10勝5敗。14年の全日本選手権では準々決勝で対戦、江原が勝ってそのまま優勝した。昨年の全日本でも準々決勝で当たり、関口が勝っている。

■関口は「お互いに分かっているので、自分のスタイルを前面に出して勝負したい。フォアハンドで主導権を握り、ネットをとりたい」と真っ向勝負を宣言。江原は「今年は楽しむことが目標。楽しんで結果が優勝ならいい」と大会に臨んでいる。同年代との対戦でもその気持ちは同じだろう。

■第2シードの高橋悠介(三菱電機)に挑むのはノーシードの上杉海斗(慶應義塾大学)。第4シードの仁木拓人(三菱電機)などシード選手を連破して勝ち上がった。高橋との対戦に向け、「向こうはテンポ速く攻めてくる。我慢するところは我慢して、先に攻めることを徹底したい。そうしないと勝てない相手」と、やるべきことは決まっている。

■高橋は「シードを何人も破っているので調子もよさそう。タフな試合になる」とノーシードの挑戦者を警戒。「相手が誰とか全日本とか考えずにプレーしたい。最初から最後まで全力を出すことが大切」と気を引き締める。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
https://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.asp

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階