Billie Jean King Cup by Gainbridge

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

ビリー・ジーン・キング・カップ
(旧フェドカップ)

 Official X Account   Official Facebook Page   Official Instagram Account

最新レポート

【2023/11/10】日比野菜緒はストレートで勝利

【2023/11/10】日比野菜緒はストレートで勝利

[シングルス第2試合]
○日比野菜緒 6-2,6-4 ●ユリアナ・リサラソ

■要所を押さえた日比野が快勝した。リサラソはシングルスランキングは823位だが、175㎝の長身で、高い打点からのフォアハンドには決定力があった。プレーは粗いが、調子に乗せたら怖いタイプだ。しかし、日比野がキーになるゲーム、キーポイントをものにしたことで、一方的なスコアで決着した。

■最初の小さな分岐点は立ち上がりの第2ゲーム。15-40から2ポイント返し、3度目のデュースでサービスゲームを守った。粘って1-1にしたことで、日比野は落ち着いて試合をスタートできただろう。もう一つは第2セット、試合を決めた最後のゲーム。ここでも15-40とブレークポイントを握られたが、4ポイント連取で切り抜けた。「ちょっと気持ち的に押されている印象だった。2セットで終われてよかった」と日比野は苦笑した。

■どちらも試合の行方を左右するようなピンチではない。だが、第1試合で本玉真唯が惜敗していただけに、日比野にはチームを勢いづける勝ち方が必要だった。自己採点は70点と案外辛かったが、ピンチを未然に防ぎ、2セットで勝利したことは、チーム戦では最善の結果だろう。

■日比野は「まず勝てたことがすごくうれしい。たくさんのお客さんに来ていただき、声援にあと押しされた。チームのみんなもすごく盛り上げてくれたので、そのエネルギーに助けられた」とホッとした表情を見せた。杉山愛監督は「チームが1敗し、余計にプレッシャーがかかる状況ではあったが、エースらしく自分のやるべきことがしっかりできた」と称えた。


■日本の杉山愛監督「本玉選手は決して悪いプレーではなかったが、あと1ポイント、2ポイント、ここで取れたらというところで取れたら、スコアも変わったと思う。それでも、いいエネルギーで戦って、日比野選手にいい形でエネルギーを渡してくれた。日比野選手は冷静に攻守のバランス良くやりきって、素晴らしい1勝をもぎ取れた。明日に良い形でつながった」

■コロンビアのファビオラ・ズルアガ監督「両試合とも密度の高い内容だった。最初の試合はお互いがベストを尽くしたが、カミラ(オソリオ)のほうが非常に安定したテニスをした。日本の選手はファイターだし、地元の利点もあり、明日はタフな状況になる。ファイトすることを忘れないようにしたい。今日のようにベストを尽くし、もう少し頑張る、もう少しファイトする、心を入れてプレーすることで立ち向かいたい」

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

チームスポンサー

gosen

オフィシャルウエア

UNIQLO

関連リンク

Billie Jean King Cup Official Live Scores

テニスファン メルマガ

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階