English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
  • TENNISP&Sでテニスをはじめよう!

JTA最新レポート

【イタリア国際】大坂なおみ、錦織圭がともに8強入り

【イタリア国際】大坂なおみ、錦織圭がともに8強入り

【イタリア国際】
(5月11日~19日・イタリア、ローマ)

■男女ツアーのイタリア国際(イタリア)女子シングルスで、第1シードの大坂なおみ(日清食品)はベスト8だった。大坂はドミニカ・チブルコバ(スロバキア)との2週連続対戦となった初戦の2回戦を6-3、6-3で突破すると、3回戦ではミハエラ・ブザルネスク(ルーマニア)も6-3、6-3で下して、2週連続でベスト8進出を果たした。しかし、第6シードのキキ・ベルテンス(オランダ)との準々決勝は、試合当日朝に右手親指付近に痛みが出て棄権した。

■イタリア国際男子シングルスでは、第6シードの錦織圭(日清食品)が初戦の2回戦でテーラー・フリッツ(米国)を6-2、6-4で下すと、3回戦ではヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)に3-6、7-6(2)、6-3と逆転勝ちして勝ち上がった。しかし、準々決勝でディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)に4-6、2-6とストレート負けして、2016年以来の準決勝進出はならなかった。予選を突破した西岡良仁(ミキハウス)は1回戦でシュウォーツマンに1-6、4-6で敗れた。ダニエル太郎(エイブル)は予選敗退。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階