English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
TENNISP&Sでテニスをはじめよう!

JTA最新レポート

【全仏オープン】第1シードの大坂なおみは4回戦進出を逃す

【全仏オープン】第1シードの大坂なおみは4回戦進出を逃す

【全仏オープン】
(5月26日~6月9日・パリ、フランス)

[女子シングルス3回戦]
○カテリナ・シニアコバ(チェコ) 6-4,6-2 ●大坂なおみ

■1回戦、2回戦で大苦戦をくぐり抜け、ここから調子を上げていくと見られていた大坂だが、42位の伏兵シニアコバに完敗した。第1セットは7度、ブレークポイントを握りながら一度も相手のサービスゲームを破れなかった。ブレークダウンの4-5で迎えた相手のサービスゲームでは、0-40のチャンスを迎えたが、取りきれなかった。第2セットはブレークポイントさえ握れなかった。アンフォーストエラーは相手の13本に対し、3倍近い38本と自滅に近い形だった。

■敗因は主に精神的なものだろう。「緊張のせいにはしたくない。でも、今までの四大大会とはまったく違う感じだった。これまではもっと自由で楽しかったけど、ずっと硬さが抜けなかった」と大坂。初めて第1シードとして臨む四大大会だった。「一般の人はランキングを見て『彼女が勝つね』と言う。でも、選手というのは波があるもの」。大坂は独特の表現で、期待の重さを語った。

■「人生で一番緊張した」のが1回戦、元女王ビクトリア・アザレンカに挑んだ2回戦は、「今年一番難しい試合になる」と違う意味での緊張感を持って臨んだ。経験したことのないストレスのもとでの3試合に、心身が耐えきれなかった。このクレーコートシーズンは粘り強さを身につけ、スライドフットワークなど戦い方に進歩も見られた。昨年と同じ3回戦止まりとなったが、「上を向いていくしかない」と芝コートシーズンに目を向けた。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階
TEL:03-6812-9271 FAX:03-6812-9275