English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
  • TENNISP&Sでテニスをはじめよう!

JTA最新レポート

【ウィンブルドン】望月慎太郎がジュニア男子シングルスで優勝

【ウィンブルドン】望月慎太郎がジュニア男子シングルスで優勝

【ウィンブルドン】
(7月1日~14日・ロンドン、英国)

[ジュニア男子シングルス決勝]
 ○望月慎太郎 6-3,6-2 ●Carlos Gimeno Valero(スペイン)

■対戦相手のヒメノバレロは2歳年上の18歳。初戦で第3シードを倒して勝ち上がった。フォアハンドのクロスは一級品で、バックハンドのダウン・ザ・ラインも厳しかったが、望月は相手の11本の2倍以上の27本のウィナーを決め、快勝した。終始、攻撃的にプレーしたが、アンフォーストエラーは15本にとどめた。

■第1セットはブレークの相次ぐ展開となったが、望月は4-3からのサービスゲームをキープし、ワンブレーク差で逃げ切った。第2セットも序盤は激しく競り合った。第2ゲームで望月は5度のブレークポイントを逃したが、次のサービスゲームでは逆にブレークポイントを3度逃れた。続く第4ゲームでブレークに成功、この数ゲームが大きな分岐点になった。

■シングルスでの四大大会ジュニア優勝は日本男子初だが、望月は「快挙という実感はない。ウィンブルドンに限らず、大会を優勝できたことは自分の成長だと思う」と、試合中と同じように落ち着いてビッグタイトルを受け止めた。あこがれていた選手はロジャー・フェデラーだが、同じプレーをするより、「自分だけのものを作りたい」。この大会では、思いきりのいいアプローチショットと切れ味のあるネットプレーがジュニアで異彩をはなった。ピンチに動じないメンタルとともに、プロの世界を勝ち抜く武器になりそうだ。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階