English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
TENNISP&Sでテニスをはじめよう! <

JTA最新レポート

【シティ・オープン】男子シングルスで錦織圭は決勝進出を逃す

【シティ・オープン】男子シングルスで錦織圭は決勝進出を逃す

【シティ・オープン】
(7月31日~8月6日・ワシントン、米国)

■男女ツアーのシティ・オープン(米国)男子シングルスに出場した錦織圭(日清食品)は、準決勝でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に3-6、4-6で敗れて決勝進出を逃した。第2シードの錦織は2回戦から登場し、初戦でドナルド・ヤング(米国)に苦戦しながら6-3、4-6、7-6(5)で振り切ると、3回戦では第13シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)を6-4、7-5で下してベスト8進出。準々決勝では主催者推薦で出場した20歳のトミー・ポール(米国)に第2セットでマッチポイントを握られながら3-6、7-6(8)、6-4と辛くも逆転勝ちしてベスト4に進んだ。しかし、準決勝で20歳の第5シード、ズベレフのサーブと強打に押されて、3-6、4-6と一方的な展開で押し切られた。ズベレフは決勝でもケビン・アンダーソン(南アフリカ)にストレート勝ちして今季4度目の優勝を飾った。添田豪(GODAI)は1回戦でテニース・サンドグレン(米国)に6-7(2)、3-6で敗れた。

※写真はウィンブルドン時のもの

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
https://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階