English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
TENNISP&Sでテニスをはじめよう! <

JTA最新レポート

【ウィンブルドン】ジュニア男子ダブルスの田島尚輝は決勝進出を逃す

【ウィンブルドン】ジュニア男子ダブルスの田島尚輝は決勝進出を逃す

【ウィンブルドン】
(7月2日~15日・ロンドン、英国)
[ジュニア男子ダブルス準決勝]
○Nicolas Mejia(コロンビア)/Ondrej Styler(チェコ) 6-3,7-6(4) ●田島尚輝/Rinky Hijikata(豪州) 

■全仏ジュニアのダブルスでともに優勝トロフィーを掲げたスティラー(チェコ)と今回は敵味方に分かれ、決勝進出を懸けて戦った。第1セットは相手に先にペースをつかまれた。第2セットは互角の展開だったが、タイブレークを制することはできなかった。タイブレーク3-4で迎えた田島のサーブから3ポイント連続で失点し、引き離された。

■田島は「お互い手の内を知っている中での戦い。ひとことで言ってタフな試合だった。相手のサーブがどっちに来るか分かったが、リズムがつかめず、取るべきところを取れず、ずるずるとタイブレークに行ってしまった」と悔しがった。

■ウィンブルドンでプレーするのは幼稚園からの夢だった。「テニスの聖地。一球一球に重みがある」と雰囲気を楽しんだが、シングルスは1回戦敗退、ダブルスも全仏に続く優勝まであと一歩のところで涙をのんだ。次の目標は全米ジュニアとユース五輪だ。ユース五輪は4年前に山崎純平の混合ダブルス銀メダル、男子ダブルス銅メダルの活躍を聞いてあこがれた大会だ。プロ転向を視野に入れる田島。残るジュニア大会で、いい経験と実績を重ねたい。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階