English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
TENNISP&Sでテニスをはじめよう!

ご挨拶

日本にもテニス博物館を

日本にもテニス博物館を

テニスミュージアム委員会 委員長 小田晶子
(公財)日本テニス協会テニスミュージアム委員会
委員長 小田晶子


-ご挨拶-
日本のテニス文化振興のため、当委員会では史資料の収集・保存・活用、そしてジャパンオープン大会会場や有明テニスの森公園クラブハウスでの歴史展示を行っております。

当ウェブサイトでは、時空を超えて、さらに多くの方々にテニス文化を楽しんでいただくことを企図しました。どうぞごゆっくりご覧いただければ幸いです。

また2009年度からは、日本にもテニス博物館を創りたいという夢に向け、宮城黎子さんの遺志を継いだ「宮城黎子記念・JTAテニスミュージアム基金」を創設し、募金活動を継続して参りました。基金は、2012年度からは公益財団法人日本テニス協会「募金活動」のなかの「テニスミュージアムに係わる寄附金」に継続されています。

おかげさまで多くの方々のご協力により、夢は少しずつ実現に近づいていますので、どうぞ今後共よろしくご支援くださるようお願い申し上げます。
展示物
展示物
年間を通しては、有明テニス・マネージメントチームと提携し、有明テニスの森公園クラブハウス1階コーナーにパネルと展示用ガラスケース4台を設置して、ご寄贈・拝借の資料を順次入れ替えながら展示しています。

現在は、オリンピック日本初メダリスト熊谷一彌氏使用ラケット、1955年全米ダブルス宮城淳・加茂公成組優勝カップ、宮城黎子さんの全日本8連覇、沢松和子さんの優勝杯などの展示品が、ジュニアからベテランまで、有明を訪れるテニスファンの目を楽しませています。ぜひご覧ください。

今年度はまた、(1)外部有識者の方々に集まっていただき、テニスミュージアム構想をより具体的に検討するプロジェクトチームを発足させていく、(2)広報委員会と連携してウェブ版テニスミュージアムの内容を一新する…等、計画を具体的に進めていく予定です。

JTAテニスミュージアム実現のため資料所在情報についてご一報ください

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館